戻し作業完了


足回り・タイヤ交換完了。

ステアリング・ペダル、各転写パネル、シート戻しも完了。

ヘッドライト取替、電球類も取替、シートベルトも年式の合うものを在庫していましたので交換しています。

スピーカーの純正戻しに合わせて、Aピラーにビス止めされて穴が開いていたパネルも穴のないものに取替。

のらなシフターの為に穴があけられていたメーターパネルも空いていないものに取り換えています。

リヤバンパーがさすがに部品として持ち合わせていませんので、ひとまずこのままです。

オーバーヘッドコンソールは外すと天井内張に跡が残ってしまいますので、このままにして、当店在庫分をこれからのR1に取り付けます。

 

 

リヤ修復 詳細


バンパー内部のバックパネルの比較写真です。

前半5枚がこれまでのR1、後半5枚がこれからのR1です。

 

両サイドの真っ平らなパネルが交換され波打っているのが分かります。

※丸く残るスポット溶接の後も純正と違います。

 

そしてその修理跡は腐食が始まっていますので、これから車内への水の侵入が懸念されるでしょう。

 

 

シートベルト


シートベルトはステラからの移植です。

運転席はタグが剥がされていました。

助手席はタグは残っています。

このタグには実は製造年数が記載されています。竹渕さんのR1には『2007』とありますので2007年式の車輛に取り付けられるものです。

この車は2009年式ですね。

ご購入頂いた車輛は『2010』とありますので、ズレはありません。

そして、シートベルトの上側(肩の位置)のカラーがR1はブラック系、ステラがベージュとなります。

キャッチもステラのものです。

(本日ちょうど納車があったので気付きました)

 

エアバッグは警告灯は正常、助手席側は展開した感じは見られません。

詳細


下側のサポートが曲がっているのが分かります。それに伴いまわりのフレームも塗装が剥がれたりしています。

ラジエーターは社外品、コンデンザーは導風の為のスポンジが貼られた形跡もなく交換されています。

 

ダッシュパネル(カウルトップ下)は何故か黒く、塗装なのか何なのか…。

コチラはご購入頂いた方のR1のダッシュパネルです。

フロントバンパーのサポート部品も違います。